サステナビリティビジョン2030

サステナブルなモノがたりで、
未来のくらし、
もっとたのしく。

DINOS CORPORATIONは、お客様とともに"よりたのしいくらし"を創造・共有していくため、
様々な社会・環境課題に取組み、持続可能な未来の実現に貢献しながら、企業としての成長を目指します。

イメージ

2021年、私たちは DINOS CORPORATION として新たなスタートを迎え、「ディノス」創業 50 周年を迎えました。

誰もが不安を抱えるこの世の中で、見えない未来を明るく照らし、"よりたのしいくらし"のために、サステナブル な社会の実現に向けたビジョンを策定し 、お客様とともにかたちにしていきたいと考えています。

サステナビリティビジョンの取組み方

- 企業ビジョン「モノがたりで、くらし、たのしく。」や、それに基づくサステナビリティ方針を前提とし、当社が考える"これからの社会・創りたい未来"の姿について、SDGsと同様に2030年に向けて「サステナビリティビジョン2030」として掲げ、全社でその実現を目指します。

- 当該ビジョンでは、「健やかさ」「多様性」「自然環境」を重点領域と位置付け、それぞれについて具体的な目標計画(定量・定性)を設定します。各目標に関連する当社ガイドラインの概要は、公的な制度やガイドライン等をもとに、2021年度中に策定します。

- 取組みを進めるにあたり、公的ガイドラインや社会的視点を促す第三者との連携や、そこからの評価を得ることを検討していきます。

- 社会・環境に与える影響をよりよい方向へとつなぐ、商品・サービス、事業活動を通して、お客様とともに "よりたのしいくらし" を生み出していきます。

未来の暮らし、もっと楽しく。

当社のマテリアリティ(重要課題)

社内ヒアリングに基づいて洗い出した、SDGs (Sustainable Development Goals)の17ゴール・169ターゲットに関わるような当社事業活動について、社会にとってのインパクトと当社にとってのインパクトで評価し、それら影響の大きさについて2軸で表した、マテリアリティマップ上に15のSDGsゴールを分類しました。
当社にとっての最重要課題として、「3(すべての人に健康と福祉を)」「5(ジェンダー平等を実現しよう)」「12(つくる責任つかう責任)」「17(パートナーシップで目標を達成しよう)」の4つを設定しています。

図

サステナビリティ上の当社の3つの重点領域